タイヤ交換の時期にエクストレイルに買い替えた

タイヤ交換の時期にエクストレイルに買い替えた

つい最近のことなのですが、車を買い換えました。

 

前の車は、日産のセレナ(2009年式)で7年乗って走行距離2万キロと、まだまだ走れる状態でしたが、買い換えるきっかけとなったのは、タイヤでした。

 

セレナを購入してから一度もタイヤ交換をしなかったせいで、タイヤだけがボロボロになり、ガソリンスタンドの店員さんにも、「高速を走るのはなるべく避けてください」と釘を刺されたほどでした。

 

買い換える際、候補はSUV車でメーカーにこだわらずでしたが、セレナを購入したときの同じディーラーで、前から気になっていたエクストレイルの見積もりを頼んでみたところ、馴染みのディーラーということもあり、好印象の結果でした。

 

さらに、セレナの下取りの際、7年で2万キロということも考慮され、こちらの納得のいく金額で下取りをしてくれるということで、新車探し1店舗目で購入を決意しました。

 

セレナの前の車が日産のテラノという四駆で気に入っていたことや、もともと四駆が好きで、セレナを購入するときにエクストレイルも候補にあがっていたということもあり、新型エクストレイルには好印象でした。

 

この車の気に入っている点は、前型より一新したデザイン、四駆ならではの視点の高さ、雨の日でも濡れた服を気にせず乗れる防水シート、買ったドリンクの保温機能です。

 

逆に気に入らない点は、セレナを乗っていたという事もあり、窓の小ささ、特に後方確認の際は気をつけています。

 

まだ購入したばかりということで、不慣れな運転になりますが、全体的に見ても最高の車ですので、セレナの時を反省して、タイヤにも気を遣い、7年以上は乗っていきたいところです。