2回目の車検を前に、社会的なポジションにふさわしい車に買い替え

2回目の車検を前に、社会的なポジションにふさわしい車に買い替え

5年落ちのフォルクスワーゲンのゴルフに乗っていました。走行距離は6万kmですが、その2回目の車検の時に、ゴルフの上位車種であるパサートに買い替えました。

 

まだ乗って5年でしたので、あと5年は乗りつづけられたと思いますが、私の仕事上の理由で買い替える決意をしました。

 

私は、転職で3年前に中小企業の社長になりました。業種は飲食チェーンです。飲食チェーンの仕事は、店長ではなく本部の人間なら、各店舗を回ることが大きな比重を占めています。

 

私とて例外ではなく、時間があれば現場に行っています。行く交通手段は、効率や店舗の立地を考えると、すべて車になります。その車は、私を含め本部の人間はすべて自前で用意し、ガソリン代と高速代を会社で負担しています。

 

社長になった当初は先に書いたようにゴルフに乗っていました。私的には十分に満足していたのですが、社長という仕事をしていると、もう少しグレードの高い車に乗ったほうがいいのではないか、という気になって来ました。

 

それは社長というステータスや見栄の問題ではなく、社員たちに「社長になったらあれくらいの車に乗れるんだ」と憧れを持ってもらい、昇格の意欲をかきたてる、という目的です。

 

そういう観点から言うとゴルフはいい車ですが、ややカジュアルすぎます。それで、その上位車種のパサートに乗り換えたわけです。

 

パサートはさすが上位車種だけあって、ゴルフに比べると内装などがずいぶんと豪華な感じになって、それはそれで結構気に入っています。ただフォルクスワーゲンというメーカーがそうなのでしょうが、同クラスのベンツやアウディに比べると、やはり地味です。

 

その点で、もしかしたらベンツやアウディにしたほうがよかったのでは、とも思っています。

 

とはいえ、自前の車をそんなに買い替えられないので、少なくとも10年はこのパサートに乗りつづけようと思います。

 

車買い替えのタイミング