引越しをきっかけに車が必要になった。

引越しをきっかけに車が必要になった。

引っ越した先が車の必要な土地だったので、車を購入しなければならなくなりましたが、資金に全く余裕がなかったために極力安く手に入る中古車を探しました。

 

予算は諸経費込の総額で30万円だったので、そもそも見つかるのかが心配でした。

 

 

その時点で車を持っていないので、自転車で行ける範囲の中古車屋を調べて、総額30万円・車検2年付き・走行距離95000キロ・H9年型のワゴンRを売っている店を見つけました。

 

その店を選んだ理由は、単に距離の問題と予算の問題だったので、どのような店かは分からず、まずは訪ねてみました。

 

 

店員の対応も良く、車の知識がまるでなかった私は、購入を即決しました。予算が予算だけにとんでもないボロボロの車が売られるのではないかと不安でしたが、その不安は買って数日で的中してしまいました。

 

タイミングベルトが切れかかっており、修理。エンジンオイルが殆ど無い状態だったので補給。マフラーに亀裂が入っているためにまた修理、とあっという間に購入額の30万円以上の費用がかかりました。

 

これは30万円という安い予算で手に入れようとしたことが悪かったのだ、と思い込んでいたのですが、知り合いの紹介で次に買った車は同じ予算30万円でも全く問題なく何万キロも走りました。

 

そこで学んだのは、「安易に中古車屋を選ばず、多少の時間と苦労を惜しまずに探すべきだった」ということです。

 

整備をせずに、そのまま売りに出しているような中古車屋は決して選んではならず、一定期間の保証を付けて販売しているようなところを選ばねば同じように失敗してしまうと思い、それ以来は慎重に中古車屋を探すようになりました。

 

中古車選びは難しいですね。